シュウデンタルオフィス

  • ホーム
  • コンセプト
  • 医院紹介
  • 治療内容について
  • 一般歯科治療
  • インプラント治療
  • ホワイトニング治療
  • 審美歯科治療
  • 矯正歯科治療
  • 義歯
  • 小児歯科治療
  • 予防歯科
  • 歯周病治療
シュウデンタルオフィスへの詳しいアクセスはこちらから
ホームページからのお問い合わせはこちらから
シュウデンタルオフィス オフィシャルブログ

治療内容について

歯並びが気になる

  • ・歯並びがデコボコして気になる
  • ・出っ歯が気になる
  • ・歯の隙間に物が詰まる

矯正治療

矯正治療とは、一般的には悪い歯並びをきれいに治す治療のことを指します。
矯正治療の目的は、出っ歯や受け口、乱ぐい歯をきれいな歯並びにして虫歯や歯肉の病気(歯周病)を防いだり、発音障害を改善すること、 前歯で食べ物をしっかりとかみ切ることや奥歯で食べ物を噛むこと、歯のガタツキをなくすことにより歯の清掃性を良くして、歯の寿命を延ばすという予防的な効果も期待することが出来ます。

不正咬合の種類
叢生(乱ぐい歯、八重歯)

叢生は、顎が小さいなどの原因で、永久歯の歯並びが悪くでこぼこの状態になることをいいます。
よく見られる症例として、側切歯が内側に生えてしまったり、前歯が飛び出して曲ってしまったり、犬歯が八重歯になってしまったりすることがあります。
歯が並ぶ充分なスペースが無い場合におこりやすい不正咬合です。

上顎前突(出っ歯)

上顎の前歯が下顎の前歯よりも突出している症状です。
アゴの大きさ対して歯の大きさが大きすぎることで、 歯の傾斜によって上顎前突になっているケースと、上顎全体が下顎に比べて大きく、口元に突出感が見られるケースがあります。

上顎前突(出っ歯)

下顎前突は、受け口とも言われ、下顎の前歯が上顎の前歯より突出している症状です。
歯に原因がある場合と、骨格的な問題を抱えている場合があります。

矯正治療の流れ
初診

初めて来院された場合、矯正についてのご相談を受け賜ります。そこで、矯正治療をご希望される場合は、診断の為の資料(口腔内模型、X線写真など)を取り揃えます。
(この時、初診料と資料費用をお支払い頂きます。)

診断

次回来院時に、診断結果についてお話致します。 そこで、矯正治療に用いる装置の決定(選択)及び料金(治療費)治療期間等についてお話致します。
ここで治療の必要があるウ蝕歯(虫歯)や抜歯すべき歯牙がある場合には、これらの処置を行うように指示致します。
(この時は、料金は必要ありません。)

装置装着

矯正治療のための前準備(虫歯の治療等)が終了し、患者さんの了解が得られた場合に初めて矯正装置の装着を行います。装置には時間がかかる為、数回に分けることもあります。
(この時、矯正料をお支払い頂きます。)

装置調整および監視

月に2度来院して頂き、歯牙を移動させるためにワイヤー等の調整又は、順調に移動しているかどうかの監視を行います。
(この時、矯正料をお支払い頂きます。)

装置除去

すべての歯牙移動が完了した場合に、装置の除去を行います。

保定

装置除去後、移動した位置に歯牙をとめておくために、保定装置を装着致します。これは、取り外しが自由な可撤式の装置です。保定期間中は3ヶ月ないしは6ヶ月に1度御来院下さい。
(来院時に監視料をお支払い頂きます。)

TOPに戻る
診療予約に関するお問い合わせはこちら
診療に内容に関するお問い合わせはこちら